第68回奈良県母子福祉大会

ひとり親家庭や寡婦への理解と支援を広く社会へ求め、ひとり親家庭や寡婦の福祉の向上を一層図るために本大会を開催します。

 

期日

平成29年9月10日(日)13時から16時

 

会場

奈良県橿原市大久保町320-11

奈良県社会福祉総合センター大ホール

 

参加者

奈良県母子福祉連合会会員並びに母子寡婦福祉関係者及び

県内のひとり親家庭の親

 

アトラクション

 かぎろひ夢バンドによる演奏


平成29年度奈良県母子寡婦福祉指導者研修会

平成29年度奈良県母子寡婦福祉指導者研修会を以下の日程で開催します。

日 時 平成29年7月23日(日)13時10分から

会 場 奈良県社会福祉総合センター5階大会議室

参加者 奈良県母子福祉連合会の市郡役員・中堅層リーダー・母子部リーダー

    母子福祉関係者  合計 約60名


平成29年度定時総会

平成29年度の定時総会を以下の日程で開催します。

日時 平成29年6月4日(日)9時半~

会場 奈良県橿原市大久保町320-11

   奈良県社会福祉総合センター大ホール

 

総会終了後 ひとり親家庭及び寡婦のための講演会を開催します。

演題 「母は『いのち』のふるさと」

講師 奈良県人権施策協議会会長 宇陀市教育委員 寺澤 亮一氏


h28年度 奈良県ひとり親家庭交流事業

いちご狩りと飛鳥体験プログラム

毎日子育てや仕事に忙しい一人親家庭の皆様へ

親子で早春の飛鳥で自然素材のクラフトづくりや飛鳥蹴鞠の体験やいちご狩りに参加しませんか!

期   日

平成29年3月5日(日)10時~16時

 

集合場所

近鉄飛鳥駅前

 

内   容

国営飛鳥歴史公園で「飛鳥里山クラブ」の皆様に自然を生かした素材を使ったクラフトを指導していただきます。午後からは、飛鳥蹴鞠の実演と体験の後、明日香の特産品であるいちごの栽培農園へいき、イチゴづくりのお話をきき、いちご狩りをします。

 

参 加 者

一人親家庭の親とこども40組

参加申込方法

別紙参加申込書に名前、年齢、住所、携帯・電話番号をご記入の上、郵送及びFAXでお申し込み下さい。

定員40組(先着順)、参加費無料

該当された方には、奈良県母子福祉連合会より詳しい日程等をお送りいたします。

 


奈良県母子家庭研修会親子でクッキング

奈良県の母子世帯の就労状況は、就業率が91%となっていますが非正規雇用率が56%もあり、ほとんどの母子家庭のお母さんは働いているのに、その雇用形態は不安定なものとなっています。

また、母子家庭の世帯収入は54%が200万未満となっており、働いてはいるが、低収入というワーキングプアーという状態です。

また、母子家庭の母は、子どもの学習や、しつけについても悩んでいます。

悩みの相談相手についても、適当な相談相手がいない方や、誰にも相談しないという方がそれぞれ5%位おられます。

(平成26年度奈良県ひとり親家庭等実態調査より)

現在、日本のこどもの貧困が問題となっているなか、子どもの貧困対策の推進に関する法律ができ、地方行政も対策計画を策定することになり、様々な取り組みがされているところではありますが、実際にはそういった福祉施策があっても、一人で子どもを育てていくのは、とても難しいことです。

 この様な状況の中で色々な問題を解決していくためにはどうしたらよいのかを話し合い意見交換を図るためにこの研修会を開催いたします。

 

期  日

平成29年1月29日(日)10時から15時

会  場

大和郡山市三の丸会館 調理室

内  容

料理講習会及び意見交換 メニューは鮭のきのこソース・ニンジンのポタージュ・キャベツとリンゴのサラダ・お餅のピザです。親子で簡単に作れておいしいものを作ります。

 

参 加 者

一人親家庭の母とこども 約50名

 

参加申込方法

別紙参加申込書に氏名、年齢、住所、携帯・電話番号をご記入の上、郵送及びFAXでお申し込み下さい。

定員50名(先着順)、参加費無料

該当された方には、奈良県母子福祉連合会より詳しい日程等をお送りいたします。

申 込 先

〒634-0061    奈良県橿原市大久保町320-11 

                         奈良県社会福祉総合センター4階

        一般社団法人奈良県母子福祉連合会

FAX : 0744-29-0189

 


ひとり親家庭交流会

母子家庭等のひとり親家庭の親は、子育てをはじめ日常生活や就業など様々な不安を抱えています。

どのような支援を受けることが出来るのかを相談をしたくても、何処に相談をすればよいのかが分からないこともあります。

こうしたことから、母子家庭の母や父子家庭の父や寡婦など同じ立場で同じ悩みを共有する者が、集い交流することにより情報交換や親睦を図り、互いに助け合える関係をつくり、地域で安心して暮らせる社会づくりを目指します。

 

期    日

平成28年11月13日(日)

集合場所

集合場所とバス出発時間(予定) 

A班(県北部地域)

 近鉄新大宮駅北側9時→ 近鉄郡山駅バス停9時20分

B班(県中南部地域)

 近鉄五位堂駅北口9時→近鉄大和高田駅9時15分→近鉄大和八木駅南口9時30分→近鉄桜井駅北口9時45分

*10分前には、出発場所に集合してくださるようお願いします。

内  容

最寄のバス乗車→中田みかん農園到着 始まりの会、みかん狩り、相談会、昼食→三輪そうめん山本 そうめん手延べ体験等→桜井市埋蔵文化財センター 纏向遺跡等古代の歴史の学習、終わりの会→バスで帰路順次解散。

参加申込方法

別紙参加申込書に氏名、年齢、住所、携帯・電話番号をご記入の上、郵送及びFAXでお申し込み下さい。

定員120名(先着順)、参加費無料

該当された方には、奈良県母子福祉連合会より詳しい日程等をお送りいたします。

 

申 込 先

〒634-0061    奈良県橿原市大久保町320-11 

                         奈良県社会福祉総合センター4階

        一般社団法人奈良県母子福祉連合会

FAX : 0744-29-0189


指導者研修会

 国のひとり親家庭等に対する自立支援策は、就業による自立に向けた就業支援を基本としつつ、子育て・生活支援、学習支援などの総合的な支援を充実するとされ、高等職業訓練促進給付金の支給期間の延長(2年から3年)や対象資格の拡大(調理師や製菓衛生師も対象)や自立支援教育訓練給付金の充実(訓練受講費用の助成が2割から6割)などが平成28年4月から実施されています。また、児童扶養手当の第2子以降の加算額が倍増されます。(施行日平成28年8月1日)

 しかし、こうした様々な支援策があっても、その情報すら知らない方又そうした支援策を知っていても、子どもが小さく育児に手がとられてしまう、家計を支えるため今の仕事を休めない、精神的負担が重く引きこもりがちになっているなどの理由によってその支援を受けることのできない方もおられます。

 こういった方々にこそ、身近に相談し助け合える場や相談相手が必要であり、常に新しい情報が提供される必要があります。

 私たち、県内各地域の母子寡婦福祉指導者及び母子家庭等のリーダー等関係者が一堂に会し、今後の母子寡婦福祉のあり方や団体のあり方などについて研究討議し、更なる充実を図るため、当研修会を開催します。

期  日

平成28年9月24日(土)13時半から16時半

会場

奈良県橿原市大久保町320-11

奈良県社会福祉総合センター5階大会議室

 

参加者

奈良県母子福祉連合会の市郡役員・中堅層リーダー・母子部リーダーその他母子福祉関係者  合計 約60名

 

講師

京都華頂大学現代家政学部教授 流石 智子 氏


第67回奈良県母子福祉大会

ひとり親家庭や寡婦への理解と支援を広く社会へ求め、ひとり親家庭や寡婦の福祉の向上を一層図るために本大会を開催します。

期 日

平成28年6月26日(日)13時から16時

会場

奈良県橿原市大久保町320-11

奈良県社会福祉総合センター大ホール

参加者

奈良県母子福祉連合会会員並びに母子寡婦福祉関係者及び県内のひとり親家庭の親

講演

講師 安養寺ご住職 松島 靖朗 様

演題 おてらおやつクラブ~お寺の社会福祉活動について~


平成28年度定時総会

平成28年度の定時総会を以下の日程で開催します。

日時 平成28年6月26日(日)10時~

会場 奈良県橿原市大久保町320-11

   奈良県社会福祉総合センター大ホール

   


奈良県ひとり親家庭交流事業 

いちご狩りと飛鳥体験プログラム

毎日子育てや仕事に忙しい一人親家庭の皆様へ

親子で早春の飛鳥でいちご狩りやクラフト等の体験プログラムに参加しませんか!

期   日

平成28年3月6日(日)10時~16時

集合場所

近鉄飛鳥駅前

内   容

国営飛鳥歴史公園で「飛鳥里山クラブ」の皆様に自然を生かした素材を使ったクラフトを指導してもらったり、飛鳥時代に装飾品として作られていたガラス玉を現代風にアレンジしたものを指導していただきます。午後からは、飛鳥の特産品であるいちごの栽培農園へいき、イチゴづくりのお話をきき、いちご狩りをします。

参 加 者

一人親家庭の母とこども40組 

参加申込方法

別紙参加申込書に名前、年齢、住所、携帯・電話番号、希望する体験プログラムをご記入の上、郵送及びFAXでお申し込み下さい。

定員40組(先着順)、参加費無料

該当された方には、奈良県母子福祉連合会より詳しい日程等をお送りいたします。


奈良県母子家庭研修会親子でクッキング

奈良県の母子世帯の就労状況は、就労率が90.6%となっていますが非正規雇用率が55.9%もあり、殆んどの母子家庭のお母さんは働いているのに、その雇用形態は不安定なものとなっています。又母子家庭の世帯収入は54.4%が200万未満となっており、働いてはいるが、低収入というワーキングプアーという状態です。又母子家庭の母は、子どもの学習や進路について、しつけができないこと、病気のとき看病ができないことについても悩んでいます。子どもとすごす時間がとれていないとも感じています。(奈良県こども家庭課平成26年度ひとり親家庭等実態調査より)ひとり親に対する福祉施策があっても、一人で子どもを育てていくのは、とても難しいです。子どものことを相談したくても相談相手がないこともあります。この様な状況の中で色々な問題を解決していくためにはどうしたらよいのかを話し合い意見交換を図るためにこの研修会を開催いたします。

期  日

平成28年1月24日(日)10時~15時

会  場

 奈良県橿原市小房町11-4 橿原市中央公民館分館 調理室

 

内  容

料理講習会及び意見交換 メニューはサフランライスの葛あんかけ・鶏手羽のさっぱり煮・ひじきのさっと煮・デザートです。親子で簡単に作れておいしいものを作ります。

参 加 者

一人親家庭の母とこども 約50名

参加申込方法

別紙参加申込書に氏名、年齢、住所、携帯・電話番号をご記入の上、郵送及びFAXでお申し込み下さい。

定員50名(先着順)、参加費無料

該当された方には、奈良県母子福祉連合会より詳しい日程等をお送りいたします。


申 込 先

〒634-0061    奈良県橿原市大久保町320-11 

                         奈良県社会福祉総合センター4階

        一般社団法人奈良県母子福祉連合会

FAX : 0744-29-0189


ひとり親家庭交流会

母子家庭等のひとり親家庭の親は、子育てをはじめ日常生活や就業など様々な不安を抱えています。

どのような支援を受けることが出来るのかを相談をしたくても、何処に相談をすればよいのかが分からないこともあります。

こうしたことから、母子家庭の母や父子家庭の父や寡婦など同じ立場で同じ悩みを共有する者が、集い交流することにより情報交換や親睦を図り、互いに助け合える関係をつくり、地域で安心して暮らせる社会づくりを目指します。

期  日

平成27年11月15日(日)

集合場所

集合場所とバス出発時間 

A班(県北部地域)

 近鉄新大宮駅北側9時→ 近鉄郡山駅バス停9時20分

B班(県中南部地域)

 近鉄五位堂駅北口9時→近鉄大和高田駅9時15分→近鉄大和八木駅南口9時30分→近鉄桜井駅北口9時45分

*10分前には、出発場所に集合してくださるようお願いします。

*自家用車をご利用される方は、桜井市穴師中田みかん農園へ10時

にお越しください。(駐車場は有ります。) 

内  容

最寄のバス乗車→中田みかん農園到着 始まりの会、みかん狩り、相談会、昼食→三輪そうめん山本 そうめん手延べ体験等→桜井市埋蔵文化財センター 纏向遺跡等古代の歴史の学習、終わりの会→バスで帰路順次解散。

参加申込方法

別紙参加申込書に氏名、年齢、住所、携帯・電話番号をご記入の上、郵送及びFAXでお申し込み下さい。

定員100名(先着順)、参加費無料

該当された方には、奈良県母子福祉連合会より詳しい日程等をお送りいたします。

申 込 先

〒634-0061    奈良県橿原市大久保町320-11 

                         奈良県社会福祉総合センター4階

        一般社団法人奈良県母子福祉連合会

FAX : 0744-29-0189

    


第21回なら・ヒューマンフェスティバル模擬店へ出店

第21回なら・ヒューマンフェスティバルに焼きそば店を出店させていただきます。役員や開催地の地元の母子寡婦福祉会(今年は、大和郡山市)の役員・会員の皆様にご協力を頂き、おいしい焼きそばを販売します。市町村や福祉の事業所など46のお店が出ますので、是非お越しください。

期  日

平成27年10月24日(土) 午前10時半から販売します。

 

会場・アクセス

会場 「大和郡山市矢田山町2  大和郡山市総合公園」

アクセス 近鉄郡山駅から奈良交通のJR小泉駅東口行きのバスに乗り市営グランド前で下車してください。(JR小泉駅東口から近鉄郡山駅行きのバスもあります。)

奈良県母子福祉連合会のお店は、他目的体育館と野球場の間の通路にあり、テント番号は42番です。


指導者研修会

国のひとり親家庭等に対する自立支援策は、「子育てと生活支援」、「就業支援」、「養育費の確保」、「経済的支援」の4項目に分かれていますが、経済的自立を可能にするため、母子家庭等就業自立支援センターにおける求人情報提供や講習会、児童扶養手当受給者を対象とした母子・父子自立支援プログラム策定事業、高等職業訓練促進給付金事業等資格取得を目的とした正規雇用に向けての事業が主な就業支援策として実施されています。

 しかし、こうした様々な支援策があっても、その情報すら知らない方又そうした支援策を知っていても、子どもが小さく育児に手がとられてしまう、家計を支えるため今の仕事を休めない、精神的負担が重く引きこもりがちになっているなどの理由によってその支援を受けることのできない方もおられます。

 こういった方々にこそ、身近に相談し助け合える場や相談相手が必要であり、常に新しい情報が提供される必要があります。

 私たち、県内各地域の母子寡婦福祉指導者及び母子家庭等のリーダー等関係者が一堂に会し、今後の母子寡婦福祉のあり方や団体のあり方などについて研究討議し、更なる充実を図るため、当研修会を開催します。

期  日

平成27年9月26日(土) 13:30~16:30

会  場

「奈良県社会福祉総合センター 5階 大会議室」

参 加 者

奈良県母子福祉連合会の市郡役員・中堅層リーダー・母子部リーダーその他母子福祉関係者  合計 約60名

講  演

テーマ「ひとり親家庭の現状から母子寡婦福祉団体のあり方を考える」

講師 神戸学院大学現代社会学部現代社会学科教授 神原 文子 氏