ひとり親家庭等日常生活支援事業のご案内


奈良県母子福祉連合会では、奈良県・奈良市から委託を受け、母子家庭・父子家庭・寡婦(ひとり親家庭等)に日常生活支援事業を実施しています。

事業内容

 母子家庭のお母さん、父子家庭のお父さん、寡婦の方が急な疾病や出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、転勤、出張、学校等の公式行事への参加等で、一時的に生活援助や保育サービスが必要になった時や、技能習得のための通学や就職活動等で、一時的に生活援助や保育サービスが必要となった時にご利用下さい。

 (但し、一時的な支援となりますので、恒常的になるようであれば、この事業を利用している間に、他の手段をお考えください。)

支援の内容と期間

支援の内容は下記の2種類に分類され、派遣等の日数は、日常生活等に支障が生じている状況に応じ必要と認められる期間です。

①生活援助 利用者宅で家事全般・介護等

②子育て支援 家庭生活支援員宅で保育サービス等

期間は、1か月あたり10日又は30時間以内、年間60時間以内

申請方法

登 録

お住まいの市町村福祉担当課で登録申請を行って下さい。

様式第1号「ひとり親家庭等日常生活支援事業利用登録申請書」に生活保護受給証明書、所得証明書(非課税証明書)または児童扶養手当証書の写し等を添えて提出して下さい。

添付書類は、公簿等により省略できる場合がありますので、役場で確認して下さい。

(登録は、毎年7月末まで有効。それ以降も継続して利用される場合は、再度登録申請を行って下さい。)

登録が完了すると奈良県母子福祉連合会から「ひとり親家庭等日常生活支援事業利用登録書」と「日常生活支援事業利用申込書」をお送りします。

支援の申込

支援の申込は、「日常生活支援事業利用申込書」に利用日時等を記入し、奈良県母子福連合会へ郵送又はFAXで申し込んで下さい。

申込先 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町320-11

       奈良県社会福祉総合センター4階

       一般社団法人 奈良県母子福祉連合会

FAX : 0744-29-0189

支援員の派遣

申込後、家庭生活支援員との調整がつき次第「家庭生活支援員遣決定通知書」が送付され、家庭生活支援員が派遣されます。

支援終了後は、家庭生活支援員が持参した「家庭生活支援員派遣依頼書」の「利用者証明欄」に記入押印をお願いします。

利用料の納入

利用世帯区分等に応じて、奈良県から利用料の請求がありますので、速やかに納入して下さい。

注意事項

*利用者様のプライバシーは堅く守りますので安心して申込み下さい。

*内容や家庭生活支援員の状況によっては、お受けできない場合もありますので、ご了承願います。